居酒屋で飲みたいビールベースのカクテル

ビールの美味しい飲み方といえば、キンキンに冷えたグラスに
冷たいビールを注いで喉越しを楽しむという方法を思い浮かべる人も多いことでしょう。

 

もちろんそうした飲み方が美味しいことは周知の事実ですが、最近ではカクテルのベースとしても人気を集めているのです。
ビールを使ったカクテルの特徴は、ビール独特の苦みが軽減されて麦やホップの旨味を感じやすい点にあります。
つまり、ビールが苦手な人でも飲みやすいお酒として注目されているのです。

 

居酒屋でも気軽に飲めるビールを使ったカクテルについて詳しく見ていきましょう。
初めにご紹介したいビールベースのカクテルは、レッドアイと呼ばれるスッキリとした味わいのカクテルです。

 

ビールとトマトジュースを同じ割合でグラスに注ぎ、混ぜると完成します。
トマトジュースの酸味とビールの苦みがミックスされ、口当たりの爽やかさとまろやかな
風味を同時に味わえるのが嬉しい点です。

 

ビールが苦手という人や、トマトジュースが好きという人はぜひお試しください。
続いてご紹介するのは、パナシェというカクテルです。

 

こちらは、ビールにソーダやサイダーなど透明な炭酸飲料を加えて作ります。
ビールそのものにも炭酸は含まれていますが、ソーダ等を加えることでさらに口の中で泡立ちます。

 

ビールの風味が苦手という人も、これであれば苦みを薄められるため飲みやすく感じることでしょう。
ビールに加える炭酸飲料をジンジャーエールに変えると、シャンディガフというカクテルの完成です。

 

麦とショウガの香りは相性抜群なので、ビール好きの方もよく飲まれている人気の高いカクテルに仕上がります。
ビールのさらなる美味しさを発見したいという人は、ぜひビールベースのカクテルを居酒屋で飲んでみてください。