吟醸酒、純米酒と合うおつまみ

日本酒を飲むときはそれに合ったおつまみを選ぶことで、
さらに美味しく日本酒とおつまみを頂けるようになります。
日本酒にはいろいろな種類がありますので、
それぞれに相性の良いおつまみを知っておくと、
居酒屋へ行って日本酒をオーダーするときに役立つと思います。
私は赤坂の日本酒と和食が美味しい個室のお店に通って知って生きました。

 

 

日本酒の種類に吟醸酒がありますが、
吟醸酒は香りが強くフルーティーな味わいが特徴になります。
吟醸酒と一口に言っても辛口や中辛、甘口、といった味わいがありますが、
共通して香りが強いのでその香りを邪魔しないおつまみがよく合います。

 

例えば淡泊な味わいの白身の魚や貝などのあっさりとした味わいのおつまみと一緒に食べると、
吟醸酒の持つ香りを邪魔せず、吟醸酒の味と香りを存分に楽しめます。
しょうゆやわさびなどの調味料や香辛料たっぷりとつけてしまうと、
その味が強すぎてしまって吟醸酒の香りを邪魔してしまいますのでできるだけつけないか、
つけるとしたら少量にとどめておくのが良いでしょう。

 

純米酒という日本酒の種類がありますが、
米と水だけで作られていますので米の香りと味が強くでているのが特徴です。
それなので純米酒にあうおつまみは、
ご飯のおかずによく合う物を選ぶと間違いありません。
和食のおかずももちろんおいしいのですが、
洋食や中華料理でもご飯のおかずに合いそうなものは、
純米酒との相性もいいのです。

 

たとえばチーズやシチューといったこってりとした味わいの洋食なら、
ワインのほうが合いそうに感じますが、不思議と純米酒とも合うので一度試してみましょう。