居酒屋で食べられるイタリアンサラダ

最近の居酒屋は食の和洋を問わず様々なジャンルの料理を食べることが出来ます。
様々なジャンルを食べられるとはいっても、食べ慣れた味ばかり選択してしまうという人も多いのではないでしょうか?
 

 

そんな皆さんにぜひチャレンジしていただきたいのがイタリアンです。
イタリアンはピザやパスタといった主食になるメニューだけではなく、サラダなどのおつまみになる料理もたくさん存在します。
野菜をたっぷりとれるサラダもありますから、メインとなる前の料理に食べてみていただきたいのです。
今回は、居酒屋によく置いてあるイタリアンの美味しいサラダについて詳しく見てきましょう。

 

最初にご紹介したいのがカルパッチョです。
カルパッチョといえばレタスの上にサーモンなどの魚介を乗せて酸味の強いドレッシングがかかったサラダというイメージをお持ちの方が多いと思います。
こうしたカルパッチョは最近生まれたもので、もともとは生の牛肉に野菜を添え、チーズをかけたサラダでした。

 

最近では魚介のカルパッチョが主流ですが、昔ながらのイタリアンを提供する居酒屋では牛肉の方も食べられるのでぜひお試しください。
イタリアンのサラダとして忘れてはいけないのがカプレーゼです。

 

モッツァレラチーズにトマトを乗せてオリーブオイルをかけたというシンプルなサラダですが、これが非常にワインと合います。
トマトも厚切りになっていますから食べごたえも抜群です。

 

野菜をメインにしたサラダの場合には、赤と緑の野菜をよく用いる点がイタリアンサラダの特徴といえるでしょう。
トマトの赤とルッコラなどの葉野菜で彩られた緑の色彩は見た目にも美しく栄養も満点です。

 

そこにパプリカやセロリといった野菜を加え、オリーブオイルを中心につくられたソースをかけるのがイタリアンサラダの原則といえます。
いつもの居酒屋メニューとは違ったものが食べたいと感じたら、ぜひイタリアンのサラダを食べてみてください。