揚げ物の健康で美味しい食べ方とは

唐揚げやてんぷらなど、居酒屋を訪れたときに揚げ物を注文する方も少なくないと思います。
しかし、揚げ物を食べるときに注意したいのが胃もたれをはじめとした身体の不調です。

 

そこで今回は、健康に配慮しながら居酒屋で揚げ物を美味しく食べる方法について詳しく見ていきましょう。
揚げ物を食べる前に注意しておきたいのは、お腹のウォーミングアップをしておくということです。

 

揚げ物のように重たい食材をすきっ腹に入れてしまうと、胃腸がいきなるフル稼働しなくてはいけないという事態に陥ります。
そうすると、後から入ってくる食物の消化で疲弊してしまい、胃もたれなどの不調が引き起こされるのです。

 

これを防ぐには揚げ物を本格的に食べる前に何かお腹に入れておく必要があります。
居酒屋といえばお酒が思いつきますが、液体よりも個体の方がウォーミングアップには最適です。
そのため、サラダをはじめとした野菜を積極的に摂取してから揚げ物に移りましょう。

 

食物繊維は脂質の吸収を穏やかにしてくれるため、肥満予防にも繋がります。
さらには、野菜である程度お腹を満たしておけば揚げ物を食べ過ぎてしまうという問題を解決してくれるのです。
揚げ物を食べる際には、なるべく咀嚼回数を増やすことを意識してみてください。

 

たくさん噛むほど唾液が分泌され、唾液に含まれる消化酵素が分解と吸収を司る臓器の手助けをしてくれるからです。
揚げ物にはビールがよく合いますが、飲み過ぎには気を付けましょう。
ペースダウンが難しいという人は、ビールとノンアルコールドリンクを交互に飲むように心がけてください。

 

こうすることで、お酒の飲み過ぎを防ぐだけでなく揚げ物との相乗効果による死亡の蓄積を予防することが出来ます。
美味しさと健康を両立させた飲み方で揚げ物を楽しんでください。