居酒屋で肉料理を楽しむ

皆さんが居酒屋を利用するとき、どのようなおつまみを注文することが多いか思い返してみてください。
サラダや焼き鳥、お刺身に鍋物など様々な種類のものを食べていることでしょう。
最近の居酒屋はバラエティに富んだメニューを揃えていることが多いため、お客のニーズを満たしてくれます。

 

そんな居酒屋のメニューの中でも、男女問わず人気なのが肉料理です。
今回は、肉料理を居酒屋で食べる際に知っておくと良いことをご紹介します。
居酒屋における肉料理の代名詞といえば焼鳥です。

 

焼鳥は串にお肉を指しただけというシンプルなメニューでありながら、古今東西の居酒屋で長年愛されている料理です。
焼鳥を美味しく食べたいという人は、ぜひ出来立てを食べてください。
友人と居酒屋を利用しているときは、話に夢中で料理を後回しにしてしまうこともあるでしょう。
 

 

しかし、焼鳥は焼いたお肉の柔らかさとアツアツの食感が魅力のメニューです。
中までしっかり火が通っているとはいえ、やはり一番美味しい時期を逃すのは勿体ないですよね。
そんな焼き鳥をさらに美味しくしてくれるのが、ビールをはじめとした炭酸系のお酒です。

 

焼鳥は脂が控えめですが、それでも本数を重ねているとお口の中がギトギトとした感触に変化します。
炭酸系のお酒はこうした気持ち悪さを炭酸の爽快感に変えてくれるのです。
焼鳥以外のお肉料理では、唐揚げも定番といえます。

 

お肉の質はもちろんですが、さらに一歩踏み込みたいという人は衣にも注目してください。
唐揚げは衣の目が粗いとザクザクの、反対に衣が細かいとサクッとした噛み応えになります。
いくつかの居酒屋をはしごするというときは、お店ごとの唐揚げの違いを比べてみるのも面白いですよ。