居酒屋で役立つ乾杯のマナー

社会人になってから、歓迎館や懇親会など会社の人たちとお酒の席をともにすることが多くなったという人もいることでしょう。
お酒は昔からコミュニケーションを円滑にしてくれる飲み物として重宝されてきました。

 

お酒を酌み交わすということは相手への好意の表れであり、
これから良い関係を築いていこうという意思表示でもあるのです。
そんな飲み会の席でぜひ知っておきたいのが乾杯のマナーです。

 

社会人になりたての人にとっては知らないこともあるかもしれないので、相手に失礼の無いように確認しておきましょう。
まずは、乾杯前にビールを注ぐ際のマナーをご紹介します。

 

基本的には立場や役職の低い人が上司や先輩のおグラスを満たすのがマナーです。
テーブルに座っている面々を見渡して、
1番役職が低いのは自分だと感じたのであれば、真っ先にピッチャーやビール瓶を持ちましょう。

 

瓶から注ぐ際には、瓶のラベルをお店の天井と向かい合わせるようにして行うのがマナーです。
ある程度お酒を注ぎ終わったとき、近くにいる上司や先輩が
自分にもお酒を注いでくれると思うので、グラスを持って丁寧に受けるようにしてください。

 

基本的に手酌はマナー違反なので、
もし自分が下の役職でない場合には、注いでくれた人に対して注ぎ返してあげましょう。

 

乾杯の音頭とともにグラスを当てるときにもマナーが存在します。
目上の人よりもグラスの位置を低い場所から当てるというものです。

 

上司とグラスを合わせるとき、上司よりも高い位置からグラスを当ててしまうと、
マナーを知らない人間だと思われてしまうので注意してください。
飲み会におすすめの個室居酒屋はこちら。http://kichijoji-akari.com/