日本酒を飲む適温と適したお酒の種類

日本酒は温めて飲んでも、冷やして飲んでも、
常温で飲んでも美味しく頂けるお酒の一つです。
体を温めたいときは熱燗にして、
気温が高いときは冷やして飲む方も多いのですが、
それぞれの温度に適した日本酒の種類を選ぶことで、
よりおいしく日本酒を頂けるようになります。

 

 

冷酒として飲むときですが、
冷蔵庫で7度から10度くらいの温度にして飲むのがおいしい冷酒の飲み方です。
近頃は冷酒専用の入れ物が販売されており、
氷を入れておくだけで常に美味しい温度の冷酒を楽しむことができるのです。
ちなみに冷酒を美味しく飲むのに適した日本酒の種類は、
芳醇な香りが漂う吟醸酒がおすすめです。
吟醸酒を温めてしまうとせっかくの香りが失われてしまうことがあるからです。

 

お酒を温めて飲むこともあるかと思いますが、
温める温度によって呼び名が変わることはご存知でしょうか。
35度前後にあたためた日本酒のことを人肌燗と呼びます。
熱燗をつくるときはとっくりに入れて温めると思いますが、
とっくりの底を触ってみて人肌と同じくらいの温度になった状態です。
それよりも少し温度が高いのがぬる燗です。
人肌よりも少し熱い40度前後の温度を指します。
そして私達が熱燗と呼んでいるのは50度以上に温めた日本酒のことを言います。
温めても美味しく飲むことができる日本酒の種類は、本醸造酒や純米酒になります。
日本酒は温めると香りが飛んでしまうので、
純米酒の中でも香りが強くないタイプが温めて飲むのに適しています。
また温めすぎてしまうとアルコールが飛んでしまうので温めすぎないように注意しましょう。