おでんを楽しむのには居酒屋も最適

居酒屋では、定番メニューがいくつかあります。
例えば、焼き鳥や枝豆、刺身などです。
しかし、意外に人気が高いのがおでんです。
冬場には、鍋と並んで人気が高いです。
通常おでんは、秋から冬にかけてよく食べられています。
最近は、コンビニで夏でもおでんを販売するお店もあります。
気軽なスナックやお酒のおつまみとして、
どのシーズンでも人気がある食べ物です。
煮込まれたおでんは、身体も温まります。

 

おでんの具材には、大きく2種類あります。
それは、だしを出す具とだしを吸う具です。
例えば、昆布やつみれなどはだしを出し、
大根や卵、厚揚げなどはだしを吸います。
おでんの具にだしを染み込ませる為には、具をさます事が重要です。
特に、大根、卵、しらたきなど、だしを吸う具材は、
さめていく途中に味が染み込みます。
例えば、大根の場合は加熱時は水分がでて表面が収縮します。
しかし、さましていくと収縮が収まりますので、だしが染み込みやすくなります。
こんにゃくもおでんの中で人気ですが、
家庭で作る際にはこんにゃくと餅巾着は離して煮る必要があります。
それは、こんにゃくを固める為に消石灰が含まれており、
消石灰は餅巾着の餅が柔らかくなるのを遅らせるからです。

 

おでんとお酒が飲みたくなった場合は、居酒屋を利用しましょう。
こだわりの具材や旬の素材を使用したおでんが楽しめます。
また、リーズナブルな料金で、おでんを満喫できます。
おでん専門の居酒屋も存在しますので、
グルメサイトなどを利用して検索しましょう。
最近は、個室などがある居酒屋も増えています。
梅田にある個室居酒屋は私もよく行きますね。
個室で、友人や同僚、恋人と、熱々のおでんとお酒、
会話を楽しむには最適です。