居酒屋のお通しについて

居酒屋には、独特のシステムがあります。
それは、お通しです。居酒屋に入って、まずお酒を注文すると、
何も頼んでいなくても一品料理が出てきます。
これがお通しで、突き出しと呼ばれる場合もあります。
お通しの役割は、
最初の注文が入ってから料理が提供されるまでの時間つなぎです。
また、最初のおつまみが来るまでのお酒のおつまみの役割も果たしています。
関東ではお通しと言い、関西では突き出しと呼ばれています。
しかし、初めて居酒屋を利用された場合は、
お通しにも料金が必要になると言う事を知らない人もいます。
会計時に初めて気づき、自ら注文していないのでおかしいと言う人もいます。
最近では、居酒屋によっては最初の注文でお通しを断る事もできます。
通常、お通し1人300円から500円程度の代金をとられます。
ほとんどの居酒屋利用者は、
お通しはチャージ料や座席料だと考えて割り切っているようです。
どうしても嫌な場合は、断ってみましょう。

最初の注文時に断れるかどうかを確認すると良いでしょう。

 

居酒屋は江戸時代にお酒の量り売りをしていた酒屋で、
その場でお酒の提供や簡単なおつまみを提供するようになったのが始まりだと言われています。
また、酒屋に居続けて飲む事から、いさけと呼ぶようになり、
現在の居酒屋の呼び名へと発展していきました。
居酒屋は居心地がよいので、居続けてしまうのでぴったりの呼び名です。
居酒屋をより快適に過ごす為には、
お通しを断るのも一つの選択かもしれません。
しかし、お通しを楽しみにしている人などもいます。